2018年4月30日月曜日

「ボーダープロジェクト」ワークショップアーカイブ

「ボーダープロジェクト」ワークショップアーカイブ
-家庭用編み機を使ってみんなでボーダーの布を作るワークショップです-

2016年から始まったプロジェクトです。

ワークショップの進め方について
当日ご希望の方対象に順番にワークショップを行います。
参加者は好きな糸の色を選んで歳の数の段数を編んでいきます。
体験した人数分の色で作られたボーダーの編み物が一枚の布としてできあがります。
素材は一宮の繊維工場や、ニット制作をするかたから引き継いだ、綿、絹、毛、麻、ナイロン、ポリエステルなどの素材、表情のある糸を使用します。または、ワークショップを行う地でリサーチを行い、譲り受けた素材なども使用します。
糸は20-30 種類用意します。
ボーダープロジェクトは衣服の地域性の差異がなくなっている時代を反映したワークショップで継続的に行っていくプロジェクトです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2018年 愛知県一宮市 
Walking in Textiles-Contemporary Art in IchinomiyaIchinomiya
「織り目の在りか 現代美術 in 一宮」で開しました。

一宮の工場から提供して頂き、白の糸のみでワークショップを行いました。
参加者数 :6~75歳の34名





撮影|怡土鉄夫

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2017年 千葉県松戸市 Paradaise AIR にて開催しました。
様子はこちらをご覧ください。
http://paradiseair.info/activity/2017/01/22/5574
仕上げは、木枠にはめて仕上げました。
参加者:0さいから60歳の28名




写真:加藤甫 Hajime Kato
提供:PARADISE AIR

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2016年 あいちトリエンナーレのパブローブプロジェクトでワークショップを行いました。
午前と午後のワンピースに仕立てて完成後展示しました。
参加者
午前: 22人
午後: 30人
計52人



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2016年 MAT NAGOYA スタジオプロジェクトで開催したワークショップ






撮影|藤井昌美 
画像提供|Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]







2018年4月2日月曜日

個展のお知らせ


4月28日(土)から長野県松本市 awai art center にて
          個展 「おしらあそばせ」を開催いたします。



宮田は改造した家庭用編み機など用い、「編み」という手法で制作を行っています。「曖昧な記憶」をひとつの軸とする作品群は、作家の手によって「編まれる」ことで新たな輪郭をもって立ち上がります。
今回宮田が着目したのは「絹」と「馬」。松本市は明治期から蚕糸に始まる製糸業によって栄えた歴史をもちます。また城下町であることから馬にちなんだ旧町名が多数残り、現在でも馬肉はこの土地の名物として知られています。
これらが深く交わる伝承に『馬娘婚姻譚』があり、東北地方を発端に九州地方まで分布したといわれています。その民俗史的な広がりに宮田なりの解釈を加え、本展を「おしらあそばせ」と題しています。
本展の開催にあたり、市内に工房をかまえる本郷織物研究所より、反物を織る際に端に余る用途のない絹の「端糸(はしいと)」を譲り受けました。この短い糸をつなぎ、いくつかの要素と交わりながら宮田によって編み直されます。時間と場所にゆるやかに接続する新作をぜひご高覧ください。
また会期中は、記憶を編み直すワークショップやゲストを迎えてのトークセッションの開催も予定しています。詳細は追ってお知らせいたしますので、あわせてご参加ください。

[開催概要]
会 期|2018年4月28日(土)~5月27日(日)
    12:00-19:00、土・日・祝日のみオープン
休 廊|月-金
入場料|400円(awaiで使えるチケット付, 後日再入場可)
会 場|awai art center
住  所|〒390-0815 長野県 松本市深志3-2-1
U R L | https://awaiartcenter.tumblr.com/

[関連企画]
◉オープニングレセプション
日 時|2018.4.28 sat 18:00-
参加費|無料
*展覧会のチケットが必要です
◉ アーティストトーク
日 時|2018.5.4 fri
    14:00-15:30
参加費|¥500 + 1オーダー
要予約|awaiartcenter@gmail.com
*展覧会チケットが必要です

ワークショップ|思い出仕立て 写真を編む
日 時|2018.5.5 sat
    ① 12:00-15:00
    ② 16:00-19:00
定 員|各回定員4名様
参加費|¥5,000(機材材料費込み) + 1オーダー
要予約|awaiartcenter@gmail.com
*展覧会チケットが必要です

-
宮田さんが制作に使用している、改造した【電子編み機】を使って糸から布を編み出すワークショップを行います。
思い出は時間と共に変化していきます。その変化を可視化してみませんか?写真から編み物サイズに変換すると画質が荒くなり、抽象的な見え方へと変わってしまいます。
仕上がりサイズはA4くらいです。糸は30色ほどから選んで頂けます。

今回は展覧会タイトルの一部を切り取り、「あそばせか」ら連想する写真を選んできてください。
(昔や最近のこと、旅行の思い出、物語のある写真でもOKです。)

*注意点:まったく写真とは違ったものに仕上がることがありますが、それは、ニットに出力する楽しみでもあります。

*過去のワークショップ作品はこちらをご覧ください。
http://amiki-asuka.blogspot.jp/2016/01/blog-post.html

[プログラム ]
1、写真をPCから編み機にデータを送信します。
2、30種類の糸から好きな糸を2種類選びます。
3、編み機で写真をニットに編んでいきます。(A4サイズくらい)
4、仕上げ作業でアイロン、接着芯を貼り付けます。

-
[ご予約について]
ワークショップのお申込はメール(awaiartcenter@gmail.com)、または店頭にて、参加希望の時間帯、参加者の氏名をお知らせ下さい。
お申し込みの際、自分が撮影した写真データをメールでお送りいただくか、店頭で直接お渡しください。

[参加条件]
・写真のデータを開催日の1日前までに送れる方
・小学生以下のお子様が参加の場合は保護者同伴でお願い致します

2018年1月23日火曜日

港まち手芸部のイベントのお知らせ。



港で運営企画している手芸部の展示と、イベントなどのお知らせです。








2018.2.9(金)~2.24(土)
会期中の木曜、金曜、土曜と、2月18日(日)開催
OPEN:12時~17時


港まち手芸部は、2017年から
港まちに住む手芸の達人から手芸を学ぶ場として始まりました。
現在は編み物を中心に制作しています。

今回、部員の作品や、編み図、活動の記録写真を展示、
期間中はUCO の喫茶スペースで出張手芸部も開催します。
編み物の道具も貸し出しますので、手ぶらでお気軽にお越しください。

ACCSESS
UCO(旧・潮寿司)
名古屋市港区名港1-15-13
かつて人気のあった寿司店をまちの「社交場」として再活用

つむぎ(旧・いずみや染物店)
名古屋市港区名港1-15-12
和装職人の店舗を改修した展示空間

インスタグラムアカウント: minato_shugei

展示期間中にクラフトアートドキュメンタリー映画上映を開催!
『YARN 人生を彩る糸』の上映会を行います。


映画URL|  http://yarn-movie.com/
日時|2月18日(日) 14:00~15:30 
場所|港まちポットラックビル1F
名古屋市港区名港1-19-23
参加費|500円(限定30名)
要予約|メールにてご予約(先着順、2/17まで受付)
E-mail knitwork.asuka@gmail.com(担当:宮田)

*暗幕がない場所での上映となります。予め了承ください。
提供・配給:ミッドシップ + kinologue

◎終了後UCOで手芸部を行います。お気軽にご参加ください。



企画運営:港町手芸部
主催:港まちづくり協議会
協力:アッセンブリッジ・ナゴヤ 実行委員会
記録撮影:江本典隆
DM design:naoko mizota

昨年から、週に1回開催してきた手芸部。もうすぐ30回目に突入です。
港まちに住む手芸の達人の方々が、口コミで手芸部に参加してくださるようになり、現在では、40名ほどの方が入れ代わりながら、毎回10名弱のメンバーで編み物を楽しんでいます。
今回は、過去に作った達人の力作や、達人独自の編み図、参加された方々が作った作品も展示します。
最初のほうにみんなで作った座布団はそれぞれ好きな色や、あまり糸を組み合わせたり、楽しい配色になっていたり、みんなでおしゃべりしながら作った作品を楽しく展示する予定です。

UCOの喫茶スペースではみんなで楽しく編み物ができるよう、道具と、糸を準備して手芸部メンバーが編み物を教えたり、教えれなかったり、お話ししたり、お茶したり、そんな感じで皆様をお待ちしております。

日々の活動の記録はインスタグラムにアップしているのでこちらへ。
インスタグラムアカウント: minato_shugei
またはURL
https://www.instagram.com/minato_shugei/?hl=ja







2017年11月24日金曜日

個展のお知らせ

News
個展のお知らせです。
Asuka Miyata Solo Exhibition
2017.11.24(Fri) - 12.12(Tue)
12:00-19:00 会期中無休
at galerie P+EN
在廊予定
11/24,25,26
12/9,10

「Four corners」
四つの角

撮りためた写真を、 ”Knittingtype ”の技法を用いて編み機と糸で出力し、
四つの角をテーマに”四角いであろう”ものを作品として展開します。
編み物は自由に形を作れるのが良い点であるが今回の展示では、四角に始まり、四角に留まる。
写真から作品を展開する自身の行為についての考察として、
四つの角は私にとっては作品を作る上で重要な角たちなのです。
四つの角へ、敬意をこめて。
*Knittingtype とは改造した家庭用編み機で糸で写真を出力すること。
宮田明日鹿:愛知を拠点にするニットテキスタイルアーティスト。宮田編機主宰。
家庭用編み機を改造し写真を素材にしたアートプロジェクト、ワークショップなど国内で展開。
HP:http://asuka.miyataamiki.com/

〒451-0042 名古屋市西区那古野1-20-37
 tel 052-485-7166 
galerie P+EN: http://www.pp-en.com/

作品とともにお待ちしております。

2017年5月28日日曜日

出張アトリエ





Jan, 2017 at Pradaise AIR





2016. Sep  at Aichi triennale





2016. Jun at Blanka



2016. May  at Fabcafe Shibuya




2016. May at Ichinomiya





2016. Apr- May at Mat Nagoya 














2016. Mar at not et silence kyoto





2016. Feb at mercato Ichinomiya




2016. Feb at aiiima Shibuya






2015. Dec at Nagoya


2015. Jul-Sep at Idea r lab Okayama 





2015. Oct at Parco Nagoya


2015.Jul at arts chiyoda 3331 Tokyo



2015. Mar at not et silence Tokyo



2017年4月21日金曜日

実験室を作りました。





4月から名古屋の港区にスタジオをかまえました。
1階の路面で、ガラス張りの作りになっている場所です。
今まで、自然と公開制作をしていた環境を与えられていたので、その延長線上で

「制作する場所がひらいた環境だったら、どんなことが起こるのか。」

ということを実験的に行う場所としてつくりました。







スタジオでは、糸、布、編み機、編み、電子工作などを駆使していろんな実験をしていきます。
ベルリンでETIBというスタジオにいたときに夢見たことが少しだけ現実になりました。
ETIBとは、Electronic + Textile Institute Berlin  という編み機収集家のvictoriaのスタジオでそこには、ファッション、テキスタイルデザイナーから、アーティスト、エンジニアといろんな人がシェアするスタジオとして機能していました。
そんな場所が日本にあったらと思いながらまずは自分のスタジオをひらいた場所にして、実験していくことにしました。

布の研究会や、糸で遊ぶ実験など、月に1回くらい、いつからか、ゆっくりとそんなことをしていけたらと思っています。
基本は自身の制作が一番なので、ゆるーくしてみたいことに取り組めたらと。
まだ場所の名前は決まってませんのでとりあえず実験室としてます。
今まで自宅が制作場所だったので人を呼べなかったのですが、これからは気がねなく打ち合わせはスタジオで。と言えるようになりました。

外とつながり、地域に溶け込むのか、はたまた、異質な存在になるのか、港町でじりじりと、ことを起こしていけるのが楽しみです。

さて、さて、名古屋に戻って3年経ちました。
いろんな方に出会い、いろんな土地や、いろんな仕事をする機会があり、ようやく、名古屋に地に足をつけれるようになりました。

昨年、港でのスタジオプロジェクトからの縁で、港にまたお世話になります。
港のまちづくり協議会のみなさんと、MATのみなさんありがとうございます!
これからもどうぞよろしくお願いします。
ハロー港!

オープニングイベントは、もしかしたらするかもしれないでその時はお知らせします。
お近くにお越しの際はご連絡くださればご案内します。


4月1日から10日間で仕上げたスタジオ。











5月のお知らせはこちら
http://asuka.miyataamiki.com/News